木田金次郎美術館

キダキンジロウビジュツカン


季節に応じて年3回の展示替えを行ない、多様な木田作品をご覧いただいております。
それとともに、岩内の地にある地方美術館としての活動も行っております。後志地域の小中学生から作品を公募し展示・表彰する「ふるさとこども美術展」や、地元の作家や中高生の展示発表の場としても活用されています。
木田金次郎美術館は、「しりべし・ミュージアムロード」の一員としても活動しています。近隣の美術館・記念館とともに、多彩な芸術のかたちを感じていただけます。

    ★木田金次郎★

  • 明治26(1898)年、岩内で生まれる。昭和37(1962)年脳出血により逝去、享年69才
  • 漁業を続けながらも、絵画への情熱を育む
  • やがて有島が、木田青年との交流を小説にし、「生れ出づる悩み」として出版すると、そのモデル画家として知られるようになる
  • 有島武郎の没後、家業である漁業を捨て画家に専念
  • その後、精力的な創作を続け、生涯、故郷岩内を離れることなく、独自の画境を切り開く。
    観覧料

  • 個人 :一般 500円   高校生 200円    小中学生 100円
  • 団体(10名様以上):一般 400円   高校生 150円   小中学生 80円

  • 電話:0135-63-2221 FAX:0135-63-2288
  • 住所:岩内町字万代51-3
  • 開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日:月曜日(但し、祝日にあたる場合はその翌日)・年末年始
  • 木田金次郎美術館のホームページはhttps://www.kidakinjiro.comまで
  • メール:kidabi1@khaki.plala.or.jp